初詣

平安神宮の初詣2020屋台の期間と時間は?出店台数とメニュー

この記事は「平安神宮の初詣2020屋台の期間と時間は?出店台数とメニュー」を説明します。

屋台の営業期間と時間
  • 期間 2019年12月31日の夜から~1月5日まで
  • 時間 2019年12月31日 夜から屋台が営業を始める(全体の半分程度)
  • 1月1日 9:00(残り半分が営業を始める)~22:00
  • 1月2日・3日 6:00~19:30
  • 1月4日・5日 6:00~18:30 

屋台の数は100台です。2019年12月31日の夜から屋台の半分50台が営業を始めるのだが、はっきりした時間はわかっていない。

年越しの人が集まって来る22:00ぐらいからは営業をしていると予想できます。

残りの半分50台が営業を始めるのが2020年1月1日の9:00~からです。

1月3日までが、屋台の数も多いですが、1月4日以降は減少していきます。しかし今年は1月4日(土)・5日(日)土日なので人が出ますので屋台も多いとおもわれます。

屋台のメニューも様々で、イカ焼き・たこ焼き・お好み焼き・りんご飴・唐揚げ・ベビーカステラ・ポテトフライ・京都ならではの「焼き八ツ橋」もあります。

更に詳しいことを知りたい方は、下記に記載されていますので読み進めてください。

平安神宮の初詣2020屋台の営業期間と時間!

全国2位・京都府内1位の人気を誇る平安神宮!例年約50万人の参拝客で賑わっています。

屋台の営業期間と時間は参拝時間と一緒です。

期間 参拝時間 屋台の営業時間
2019年12月31日~1月1日 終夜~20:00 12月31日の夜からの半分(50台) 1月1日9:00~残り半分(50台)の屋台が営業する!
1月2日・3日 6:00~19:30 6:00~19:30
1月4日・5日 6:00~18:30 6:00~18:30
1月6日~ 6:00~17:00 6:00~17:00

1月2日~5日までは、6:00からすべての屋台が営業しているわけではなく、時間の経過とともに、徐々に営業していく屋台が増えていきます。

例年では三が日で、屋台の数も少なくなりますが、今年は4日・5日が土日になりますので、人の出が見込まれますから屋台の数も例年より多くなると予想されます。

※混雑する時間、朝と夕方以降ですから、その時間を避けて来られると、比較的空いています。

屋台の出店台数とメニュー!

屋台は平安神宮に行くまでの参道の大鳥居周辺から、ズラッと並んでいます。

屋台の数は、100台ぐらい!広い参道の両側に並んでいて、そこを歩くとき全然狭く感じません。

屋台の100台ありますから、メニューも豊富です。

玉せん・たこ焼き・お好み焼き・イカ焼き・綿あめ・りんご飴・唐揚げ・ポテトフライ・焼きそば・焼き八ツ橋・ベビーカステラ・京ねぎ焼き・などがあります。

100台も屋台がありますから、カブっているメニューもあるでしょう。

あと今流行りの食べ物の屋台もあるかもしれませんね!そういう屋台を探すのも楽しみのひとつです。

まとめ!

ここまで「平安神宮の初詣2020屋台の期間と時間は?出店台数とメニュー」説明しました。

少し長くなったので、おさらいをします。

屋台の営業期間と時間は?

  • 期間 2019年12月31日の夜から~1月5日まで
  • 時間 2019年12月31日 夜から屋台が営業を始める(全体の半分程度)
  • 1月1日 9:00(残り半分が営業を始める)~22:00
  • 1月2日・3日 6:00~19:30
  • 1月4日・5日 6:00~18:30 

12月31日の夜・年越し目当てで集まって来る人を考えると、22:00ぐらいには屋台も営業を始めるのではないかと予測できる。

1月2日~5日の朝6:00からは屋台も多くは営業をしていない。人が増えてくる時間9:00~10:00位を目処に、営業を始める屋台も増えてきます。

参道も平安神宮も圧巻の広さと美しさです!屋台と共に楽しんでください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!