初詣

近江神宮の初詣2020年 混雑するのは12時〜17時!穴場は7時

この記事は「近江神宮の初詣2020年 混雑するのは12時~17時!穴場は7時」を説明します。

混雑する時間
  • 大晦日は混雑する!
  • 12時~17時(1月1日~)
穴場時間
  • 9:00~10:00(1月1日)
  • 7:00~9:00(1月2日~)
  • 21:00以降 (1月1日~)

とにかく混雑はイヤって方は、正月三が日を避けて、4日以降にいくことをオススメします。

さらに詳しいことは下記に記載されています!

近江神宮の初詣 混雑するのは12時〜17時!

大晦日は混雑します。1月1日~3日の12時~17時が混雑する時間帯になります。

混雑期間と時間
  • 混雑期間 1月1日~1月3日
  • 混雑時間は12時~17時!
  • 1月4日以降は混雑が少ない!

混雑時間は12時から17時になります。朝早くから初詣にくるのではなく、ゆっくり来ることが多くなりますから、10時ぐらいから徐々に混雑も始まります。

大晦日に初詣に行かない方は、混雑を避けたい方も多く、1月1日から1月3日にバラけて初詣にいきます。どうしても正月三が日は混雑は避けられないでしょう!

1月4日以降に行くとかなり空いているでしょう。初詣はいつ行っても問題ないですが、一般的にいわれている初詣は「松の内」までに行くと良いとされています。

松の内」とは「門松や正月飾り」を飾っておく期間のことで、一般的には1月7日で、関西は1月15日です。

近江神宮の初詣は穴場時間!

近江神宮では「元旦の7:00頃 日の出遥拝式」があるので、「日の出遥拝式」が終わってからの朝の9時~10時が穴場時間といえるでしょう。

穴場時間
  • 9時~10時!(1月1日)
  • 7時~9時!(1月2・3日)
  • 21:00以降(1月1日~)

1月2日は朝早くからは行動しないと思われます。ですから朝7時~9時は穴場時間となり、人の出も少なくなります。

10時以降からは徐々に人も多くなってきますので、それまでに参拝を済ませておくと良いでしょう。

あと夜の21:00以降は空いています。もう少し早くても空いているかもしれませんが、21:00以降なら間違いありません。

元日から3日までは夜間も参拝できます。お札・お守り等のみ午後10時ころまで開けています。ご祈祷は午後6時ころまでです。天候により夕方の参拝者が極端に少ない場合は早く閉めることがあります。(その場合も、お守りの授与、おみくじなどは10時ころまで行っています。)

引用元 公式ホームページ

まとめ!

「近江神宮の初詣2020年 混雑するのは12時〜17時!穴場は7時」を説明しました。

少し長くなったので、おさらいします。

  • 大晦日は混雑する!
  • 混雑するのは12時から17時!(1月1日~)
  • 穴場は9時から10時(1月1日)
  • 穴場は7時から9時!(1月2日~)
  • 穴場は21:00以降(1月1日~)
  • 1月4日以降は混雑も和らぐ!

混雑するのは1月1日から1月3日で、時間帯は12時から17時が混雑し、1月4日以降は混雑も和らぎます。

穴場時間は1月1日は「7時に日の出遥拝式」がある為に、9時から10時になりますが、1月2.3日は7時から9時が穴場といえるでしょう。

夜の時間帯であれば、21時以降が穴場時間になります。「おみくじ」や「お守り」も22:00まで空いていますので、参拝してお守り買って、おみくじも引けますよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました!