初詣

大須観音の初詣2020屋台はいつからいつまで?営業期間と時間はこちら

この記事は「大須観音の初詣2020屋台はいつからいつまで?営業期間と時間はこちら」を説明します。
初詣と言えば屋台ですよね!屋台の期間と時間が気になるところです。

屋台の営業期間と時間
  • 期間は1月1日より1月5日まで
  • 大晦日は夜中も開店している。
  • 1月2日以降・・9時ぐらいから19時ぐらいまで(店によって違う)
  • 店舗数は15台ぐらい

屋台で名古屋と言えば、みそ串カツや、その他たこ焼き・りんご飴・この時期にはありがたい豚汁なども、前年度まではあったみたですからうれしいですね!

令和2年、令和になって初めてのお正月ですから、今年はさらに盛り上がるかもしれません。

さらに詳しいことは知りたい方は、下記へと読み進めてください。

大須観音の初詣2020屋台はいつからいつまで!

毎年30万人の人出で賑わう、大須観音の初詣!年号が令和になって初めてのお正月ですから、更に多くの方々で賑わうことでしょう。

まず大須観音の営業時間は朝6時から20時までとなっており、大晦日だけは夜通し参拝できます。屋台もその時間内で開店しています。

  • 屋台の営業時間・・大晦日は夜中も開店している。
  • 1月2日以降は・・9:00~19:00ぐらいまで。
  • 期間は1月1日~1月5日まで。
  • 屋台の数は15台ぐらい。

開店時間や閉店時間は店舗によって違うみたいで、全店が同時に開店するわけではないみたいだ。

ツイッター情報では、2016/12/31 19時42分で開店している店もあるみたいですから、その店によって違うのがよくわかります。

店舗数は15台ぐらいですから、そこまで多いとは言えませんが、見た限りでは境内のスペースの関係で、15台が限界なのでしょう。

屋台の種類!

名古屋といえば、「みそ串カツ」これは外せません。今年は屋台の種類がどんなものがあるのかは楽しみの1つでもあります。毎年恒例のものもあれば、今の流行りの屋台もあるかもしれませんね。

屋台の種類

・みそ串カツ・串カツ・どて串・おでん・じゃがバター・ジャンボたこ焼き・りんご飴・クレープ・豚汁・お酒

去年までで確認できているものが以上で、今年は一体どんな屋台が出るのか楽しみですね!

※大須観音のは大晦日といえば、「除夜の鐘」を鳴らすことができます。そのためには、12月の中頃に大須観音まで「除夜の鐘・鐘撞き整理券」(1,000円)を購入しに行かなけばなりません。令和初の除夜の鐘は記念になるでしょう。

まとめ!

「大須観音の初詣2020屋台はいつからいつまで?営業期間と時間はこちら」を紹介しました。

初詣と言えば屋台といえるほど、楽しみの一つになっていますよね!ももう一度、おさらいをしておきます。

  • 期間は1月1日より1月5日まで
  • 大晦日は夜中も開店している。
  • 1月2日以降・・9時ぐらいから19時ぐらいまで(店によって違う)
  • 店舗数は15台ぐらい

大須観音は大須商店街とつながっているため、人の混雑も少しはましなのではないでしょうか。

混雑がすごい場合が屋台でおいしいものを食べて休憩をして、人が空いてきたら参拝をする。こういう時に屋台があるとありがたいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!