初詣

浅草寺の初詣2020 屋台はいつからいつまで?出店数とメニューも

この記事は「浅草寺 初詣2020 屋台はいつからいつまで?出店数とメニューも」を説明します。

屋台の期間と時間

  • 2019年 12月31日大晦日 22:00ぐらいから
  • 2020年 1月1日 0:00~19:00ぐらいまで
  • 1月2日~3日 10:00~19:00ぐらいまで
  • 1月4日・5日 10:00~17:00まで
  • 1月6日~1月13日まだ屋台やっています。

1月1日は夜遅くまで、営業している店もあり、2日目以降は、浅草寺の営業時間に合わせて屋台も営業しています。

4日以降も屋台も営業はしていますが、屋台の数は徐々に減っていきますので、屋台を楽しみたい方は1月3日までに行かれることをオススメします。

そして、なんと屋台の数200台以上です。

メニューの種類は、たこ焼き・りんご飴・焼きそば・広島風お好み焼き・牛串焼き・じゃがバター・もんじゃ焼き・トウモロコシ・唐揚げ・フランクフルト・海老たこ焼き・もつ煮・等まだまだ沢山のメニューがあります。

屋台は境内にありますが、浅草は「仲見世」もありますから、両方とも楽しめますからお得です。

さらに詳しいことは、下記に記載されています。

浅草寺の初詣 屋台はいつからいつまで!

年間約3,000万人の参拝者が訪れる浅草寺、知らない人がいないくらいの名所です。初詣には約300万人の参拝客で賑わい、昼間もいいですが夜の浅草寺も味わっていただきたいものです。

参拝もいいですが、やはり屋台の食べ物が気になります!

  開門時間 屋台の営業時間
2019 12月31(大晦日) 6:30~17:00 22:00~
1月1日 0:00~20:00 0:00~19:00前後
1月2日~3日 6:30~20:00 10:00~19:00前後
1月4日以降 6:30~17:00 10:00~17:00

※本堂の閉まる時間に合わせて、屋台も閉店時間となりますから、営業時間はその屋台によって変わります。

1月4日以降は、屋台の数は減りますから、3日までにいかれた方が屋台も楽しめます!

1月13日まだ屋台は営業しています。

どうしても混雑は当たり前みたいですが、その中でも比較的に空いている時間帯もあります。

混雑する時間帯!

  • 大晦日0:00~3:00(1月1日)が混雑のピークです。
  • 1月1日~3日 9:00~混雑が始まります!

この時間帯を避けて、初詣に行くと比較的に空いています。オススメは4時から7時くらいですが、屋台が1月1日しか営業していないのが残念です。

屋台の出店数とメニュー!

200台以上の屋台が並ぶ浅草寺の初詣!メニューも豊富です。

メニュー

たこ焼き・りんご飴・焼きそば・広島風お好み焼き・牛串焼き・じゃがバター・もんじゃ焼き・トウモロコシ・唐揚げ・フランクフルト・海老たこ焼き・もつ煮・ベビーカステラ・バナナチョコ・豚汁・はしまき・ふりふりポテト・牛ステーキ・クレープ・玉こんにゃく・あんず飴・おやき・嶽きみ天ぷら

メニューもいっぱいあるので、何を食べるか?悩んでしまいますね。「嶽きみ天ぷら」は、どうもオススメみたいですね!

補足!

頭の整理のためにまとめてみました!

屋台の期間と時間!

  • 2019年 12月31日大晦日 22:00ぐらいから
  • 2020年 1月1日 0:00~19:00ぐらいまで
  • 1月2日~3日 10:00~19:00ぐらいまで
  • 1月4日・5日 10:00~17:00まで

屋台の数は200台以上ありますのでメニューも豊富です。1月4日以降は、屋台の数も徐々に少なくなります

混雑する時間帯!

  • 大晦日0:00~3:00(1月1日)が混雑のピークです。
  • 1月1日~3日 9:00~混雑が始まります!

混雑のピーク時間帯だけ避けて行けば、屋台の食べ歩きもゆっくり楽しめます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!