初詣

鶴岡八幡宮の初詣2020屋台はいつからいつまで?屋台の数と種類も

この記事は「鶴岡八幡宮の初詣2020屋台はいつからいつまで?屋台の数と種類も」を説明します。

屋台は期間と時間

2019年12月31日~1月3日 夜遅くまで営業している!

1月4日 日没くらいまで

1月5日~1月7日 10:00~17:00(日没を目処)

1月1日~3日の間は、鶴岡八幡宮も24時間、参拝できるので屋台も夜遅くまで営業をしています。(人の出に合わせて営業と閉店を繰り返すと思われます)

1月4日以降は日没を目処に屋台も閉店していき、1月7日には屋台も全店撤収します。屋台も楽しみたい方は、ぜひ三が日の間に行かれることをオススメします。

屋台の数は、そう多くなく30台です。

屋台の種類は・・・たこ焼き・焼きそば・チョコバナナ・イチゴ飴・ぶどう飴・リンゴ飴・甘酒・銀杏・豚まん・・など

更に詳しいことは、下記に記載されています。

鶴岡八幡宮の初詣の屋台はいつからいつまで!

 毎年250万人の参拝客で賑わう鶴岡八幡宮の初詣!参拝者ランキングでも全国5位・人気ランキングでは神奈川県で3位で、一度は訪れたい場所になります。

そんな大人気の鶴岡八幡宮の初詣にでかけて参拝が終わったら、ちょこっと小腹がすいてくる頃です。

日付 参拝時間 屋台の営業時間
2019年12月31日~ 24時間
1月1日~1月3日 24時間 遅くまで営業している。
1月4日 ~21:00まで 日没までは営業している。
1月5日以降 6:00~21:00 10:00~日没まで

※通常のはつもう12月31日は22:00くらいから、営業しているところが多い。

1月1日~3日にかけては24時間参拝可能なので、混雑時間に合わせた営業になると思います。(情報がないので推測ですが)

1月4日からは日没を目処に屋台も閉店していきます。(屋台によっては遅くまで営業している所もあります)

2020年は1月4日・5日が土日なので、例年よりは混雑も考えられるので屋台の数も多いと予想されます。

1月7日以降は屋台も撤収しますので、屋台も楽しみたい方は3が日がオススメです。うまいこと混雑を避けて行くといいですよ!

混雑時間は・・・大晦日から元旦の3:00頃までですが、一旦落ち着きはじめたかなっと思ったら、10:00くらいから混雑が始まってきます。

混雑回避できる時間・・・

  • 1月1日の4:00~8:00・1月2日~3日の早朝
  • 1月1日~3日の20:00以降

混雑に並んで参拝するときは2・3時間並ぶときもあるので、トイレは先に済ませておくことをオススメします。

鶴岡八幡宮の初詣の屋台の数と種類!

参拝者数が250万人の割には、屋台の数は30台と少なめです。

屋台の種類(メニュー)

たこ焼き・焼きそば・おでん・とりかわ・わたがし・だんご・あんまき・とりサブレ・チョコバナナ・イチゴ飴・ぶどう飴・リンゴ飴・甘酒・銀杏・豚まん

初詣に屋台はつきものです。各々屋台を楽しんでいますね。

補足!

頭の整理のために、まとめてみました!

屋台の期間と時間・・・

  • 2019年12月31日~1月3日 夜遅くまで営業している!
  • 1月4日 日没くらいまで
  • 1月5日~1月7日 10:00~17:00(日没を目処
  • 1月7日を目処に屋台も撤収します。

屋台の数は30台です。メニューも色々あって楽しめますが、オススメなのは3が日の空いている時間に行くことです。

混雑が回避できる時間・・・

  • 1月1日の4:00~8:00・1月2日~3日の早朝
  • 1月1日~3日の20:00以降

どうしても混雑に並んで参拝するときは、事前にトイレを済ませておくことをオススメします。

最後まで読んで頂きありがとうございました!