野球

中村剛也(おかわり君)の愛車はレンジローバー!年俸推移と車遍歴も

この記事は「中村剛也(おかわり君)の愛車はレンジローバー!年俸推移と車遍歴も」を説明します。

おかわり君の愛車

ランドローバー/

レンジローバーです。

色々と調べましたが、「レンジローバー」以外の情報がありませんでした。

車両価格は新車で約1,300~3,000万円と最高級のSUVです。

中村剛也選手の家族構成は、奥さん・子供3人(全員男の子)の5に家族ですから、5人でどこかに出かけるときは、レンジローバーみたいな大きな車が必要になるわけですね。

2020年の年俸は、3億5,000万円!昨年より7,000万円のUPです。2年連続優勝にかなり貢献していますから、このくらいUPでも不思議ではないですね。※手取りは後ほど説明します。

さらに詳しいことは、下記に記載されています。

中村剛也選手(おかわり君)の愛車と年俸推移(手取り額)!

 「おかわり君」の相性で親しまれている中村剛也選手!その中村選手の愛車は「レンジローバー」という車です。

  • 車両本体価格:  約1,300万円~3,000万円(ボディタイプで値段が違います)
  • 全長✕全幅✕全高 5005×1985×1865mm
  • 全長✕全幅✕全高 5205×1985×1865mm(ロングタイプ)
  • 排気量:5,000cc
  • 5ドア

排気量5,000ccはモンスターですね。

愛車遍歴は、調べましたが残念ながら情報がありませんでした。なにか情報が入り次第アップしていきます。

年俸推移と手取り額!

2001年ドラフト2位・契約金:6,500万円で入団してから、今年で19年目!「ホームランアーティスト」としての中村選手の年俸の移り変わりを見てみましょう。

年俸(推定) 税率(推定) 手取り額(推定)
2002年 600万円 27% 438万円
2003年 600万円 27% 438万円
2004年 700万円 31% 483万円
2005年 700万円 31% 483万円
2006年 2,000万円 38% 1,240万円
2007年 2,700万円 43% 1,530万円
2008年 2,800万円 43% 1,596万円
2009年 7,000万円 50% 3,500万円
2010年 1億5,000万円 54% 7,050万円
2011年 1億2,500万円 53% 5,875万円
2012年 2億5,000万円 56% 1億1,000万円
2013年 3億円 56% 1億3,200万円
2014年 3億5,000万円 57% 1億5,050万円
2015年 3億8,000万円 57% 1億6,340万円
2016年 4億1,000万円 58% 1億7,220万円
2017年 4億1,000万円 58% 1億7,220万円
2018年 2億8,000万円 56% 1億2,320万円
2019年 2億8,000万円 56% 1億2,320万円
2020年 3億5,000万円 57% 1億5,050万円

一時期は怪我に泣かされ、成績も落ち込んでいましたが、2019年は4度目の打点王にも輝いて復調していますから、2020年の活躍が期待できますね!

中村剛也選手(おかわり君)のプロフィール!

西武ライオンズ一筋・19年目のおかわり君こと中村剛也選手のプロフィールを見ていきましょう。

  • 出身地:大阪府大東市
  • 生年月日:1983年8月15日(36歳)
  • 出身校:大阪桐蔭高等学校
  • 身長:175cm
  • 体重:102kg
  • 投球・打席:右投げ右打ち
  • ポジション:3塁手・1塁手・指定打者
  • プロ入り:2001年 ドラフト2巡目(西武ライオンズ)
  • 初出場:2003年9月28日
  • 背番号:60

バットの長さは、33,5インチで重さが940グラムと、球界最重量です。他の選手は重さが880グラム前後が多いのですが中村選手はそれより、60グラム重いバットを使っています。

2018年にバットの変更をしたのですが、2019年は打点王を取っていますから、効果があったと言えますね。

2020年は何本ホームランを打ってくれるのか?何打点とってくれるのか?が楽しみになります。

補足!

頭の整理のために、まとめてみました!

中村剛也選手の愛車!

  • レンジローバー
  • 新車価格:約1,300万円~3,000万円

愛車遍歴はありませんでしたが、情報が入り次第アップしていきます。

中村剛也選手の年俸!

  • 2020年:3億5,000万円
  • 手取り額:1億5,050万円

登場曲!

HOME MADE 家族:ムカイカゼ

3年連続優勝を目指すためには、中村剛也選手の活躍が必須になってきます。今年こそは日本一を目指して頑張ってほしいいですね。

最後まで読んでいただき、有難うございました!