野球

柳田悠岐(ソフトバンク)の愛車と価格!愛車遍歴や年俸推移も

この記事では「柳田悠岐(ソフトバンク)の愛車と価格!愛車遍歴と年俸推移も」を説明します。

柳田選手といえば豪快なフルスイングとん年俸がスゴイですが、愛車もスゴイです。2020年5,7億円の年俸ですから、超高級車に乗っていても不思議ではありません。

結論

ベントレーベンテイガ(イギリス)

でした。世界最高峰の車種で、新車の値段は、なんと2,000万円オーバー!車種のグレードによっては3,000万円します!家が買えますね。どうしても年俸や車に注目してしまいますが、柳田選手の日々の努力の結果が、年俸につながっているわけです。

その努力の結果でどう年俸が推移したのか?それに伴い愛車もどう推移していったのかを、見ていきたいと思います。

柳田悠岐(ソフトバンク)の愛車遍歴!

柳田悠岐さんの愛車は「ベントレーベンテイカ」名前の由来は・・・ベンテイガの名前の由来は、スペインにある岩山「ロケベンテイガ」やロシア語のタイガ(針葉樹林)など複数の言葉を混ぜた造語とのことです。

さすが世界最高峰の車です。「ベンテイガ」かっこいいですよね。今流行りのSUVなのですが、SUVじゃなくて「ラグジェアリーカー」みたいです。どちらにしても、なかなか普段の生活の中ではお目にかかれない車ですよね!ちなみに「イギリス」の車になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bentley Bentayga入庫! #bentleybentayga #bentleybentaygaw12 #bentayga🚘 #bentaygaw12 #ベントレーベンテイガ #ベンテイガ

Mr.Lion(@lion5778)がシェアした投稿 –

このイメージの車です。残念ながら柳田選手の愛車の画像はありませんでした。違う画像になります。本人の愛車の画像を入手すればアップしていきたいと思います。

ツイッターの情報からは残念ながら画像はありませんでしたが、「ベントレー」に乗っている情報がありました。その他も探しましたが「ベントレーベンテイガ」に乗っている情報ばかりでした。

ツイッターの情報では残念ながら画像はなかったですが、「ベントレー」に乗っているのは間違いない情報はありました。その他の情報でも「ベントレーベンテイガ」に乗っている情報ばかりでした。

あと「ヤナセ年間MVP賞」を3回受賞しており、ベンツを3回もらっています!

・2018年は「ヤナセ年間MVP賞」で・ベンツC180(白) 車両価格449万円をいただいています。この車は「母親にあげます」と本人も言っているので本人は乗っていないでしょう。

・2015年も「ヤナセ年間MVP賞」をもらい・ベンツS400h (白)車両価格 1,120万円の車をいただいています。

・2015年にツイッター情報だと、ベンツの黒に乗っているところが目撃されています!

・2014年「ヤナセ年間MVP賞」をもらい・ベンツE250(白) 車両価格 599万円をいただいています。

この2014年か2015年のどちらかのベンツは、父親にプレゼントしているみたいですから、もしかしたら「ヤナセ年間MVP賞」で頂いた車は、本人は乗っていないかもしれませんね。

しかし、育ててくれた両親にベンツのプレゼントとは、素晴らしいですね。現在わかっている柳田悠岐選手の愛車は以上となります。情報が入り次第、アップしていきたいと思います。

結論

・ベントレーベンテイガ(イギリス)

年俸推移や手取り額と愛車遍歴を照らし合わせてみる!

ソフトバンクに入団してから10年目を迎えた柳田悠岐選手。数々の記録を打ち立ててきました。記録とともに年俸も上がっていきます。その年俸推移を紹介したいと思います。

年俸(推定) 税率(推定) 手取り額(推定) 車両価格(推定) 車種
2011年 1,200円(契約金7,000万円) 33% 804万円
2012年 1,200円 33% 804万円
2013年 1,800円 37% 1,134万円
2014年 3,200円 44% 1,792万円 ・ベンツE250(白) ・599万円
2015年 9,000円 52% 4,320万円 ・ベンツS400h(白)

ベンツ?(黒)

・1,120万円

・??

2016年 2億7,000万円 56% 1億1,880万円
2017年 2億6,000万円 56% 1億1,440万円
2018年 5億円 57% 2億1,500万円 ・ベンツC180(白)

ベントレーベンテイガ(?)

・449万円

・2,000万円~3,000万円

2019年 5億7,000万円+出来高 57% 2億4,510万円
2020年 5億7,000万円+出来高 57% 2億4,510万円

こうして表にしてみると年俸推移がよくわかります。2016年から年俸が跳ね上がっています。2015年シーズンにトリプルスリー(3割,30本,30盗塁)を達成しているからだと判断できます。

しかし年俸が跳ね上がっても、プロ野球選手は個人事業主扱いのため、税金が「ハンパない」ですね。半分以上が税金です。上記も概算なので、細かく見ていくともう少し税率も低くなるかもしれません。

2018年は年俸が5億円⇒税率57% 2億8,500万円⇒手取り額 2億1,500万円⇒ベントレーベンテイガ 2,000万円は余裕で購入できますね。

また車を買い換えるかもしれませんが、大体の方が、新車を買って⇒次の車検(3年間)まで乗って⇒次の新車に乗り換える事が多いと思います。それを考えると次は2021年かもしれません。

2020契約更改しました。今年は3年契約の3年目で、メジャー挑戦?と思っていたが、何と更に7年契約の5億7,000万円プラス出来高スタートしました。

「生涯ソフトバンク宣言!」みたいなもんですよね。メジャー断念を決めた大きな要因は、「糸井選一言だったみたいです。

米大リーグ挑戦への思いを封印する形にもなり「結構、考えましたし、周りの人にも相談しました」と言う。中でも影響が大きかったことを聞かれると、オフの自主トレをともにする阪神糸井の言葉を紹介し「『(ソフト)バンクやろ~!』って言ってました」と明かした。

引用元 西日本スポーツHP

補足!

頭の整理のために、まとめてみました!

柳田悠岐選手の愛車!

  • 2018年 ベントレーベンテイガ

以上が柳田選手の愛車です。推定:2,000万円以上の価格がします。しかしすごい金額ですね。

2020年の年俸!

  • 5億7,000万円+出来高+7年契約!

「生涯ソフトバンク宣言」にはびっくりしました。良い選手はメジャーリーグに挑戦するのが当たり前になっている昨今に、嬉しい宣言でした!

今年の柳田選手の活躍に注目ですし、これからの動向も追いかけていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!